おバカのぴかちゃん、今日も行く
おバカのぴかちゃんの、小さな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24
アスファルトの道の真ん中で、イモムシが転がってた。


「イモムシさん、どうしたの?」

「向こうの土手まで行こうとしたら、いかんせん、この暑さ。
道の途中で力が尽きた。
オイラは、もう、ここまでだ。」

そう言って、ゴロンと横になっちゃった。


そこでぴかちゃん、そのイモムシを拾い上げ、ポイと向こうの土手に放り投げた。


「オッ、アリガトヨッ」


ポトリと落ちた土手の上、そばのアリに見つかって、アリがきれいに食べちゃった。



おバカのぴかちゃん、今日も行く。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://obakanopikachan.blog81.fc2.com/tb.php/25-831bbaf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。