おバカのぴかちゃん、今日も行く
おバカのぴかちゃんの、小さな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

191
大切な大切な人が、逝きました。

この悲しみを、どこに置こう?

こうして、私の中の一部は死に、また新たな再生へと向かう力を、自らの力で生み出さなくてはなりません。

そう・・・、太陽のように・・・

悲しみは、やがて薄れていくことを知っています。

けれども、再生の力を得るためには、私はここでもう一度、大切な人を殺さなければいけないのです。

「逝く人の鎮魂は、悲しみではありえない。」

私の心は、そう叫んでいます。

・・・

私の心を、どこに置こう?




おバカのぴかちゃん、今日も行く。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://obakanopikachan.blog81.fc2.com/tb.php/192-fc772e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。