おバカのぴかちゃん、今日も行く
おバカのぴかちゃんの、小さな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

186
12月25日。

クリスマスの当日に、二人の大切な人から、それぞれにメールが届きました。

一通は、年明け早々に再入院をしますというお知らせ。

そして、「太いけど足じゃないよ、腕だよ」と、冗談めかした言葉に添えて、ケモ(ケモセラピー=化学療法)で静脈炎になった自らの青く腫れ上がった腕の写真を送ってくれました。

「年末で忙しいから、入院したらゆっくりします」と言葉は続いていました。

その人のことで、かつてあたしは散々泣いたから、もう泣くことはありません。

でも、涙は流れない代わりに、深く静かに祈りを繰り返すのです。

いつまでも見守ります・・・だいじょうぶ、だいじょうぶ


もう一通は、訃報でした。

最愛の人を失ったその人に、かける言葉はありません。

そして、再び祈りを繰り返すのでした。

穏やかでありますように。


大切な二人から教えてもらった、見守ることと祈ることが、今のあたしにできる唯一の方法です。

今日も、明日も、来年も、その先も・・・

あたしは見守り祈るのであります。



おバカのぴかちゃん、今日も行く

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://obakanopikachan.blog81.fc2.com/tb.php/187-1801ae75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。