おバカのぴかちゃん、今日も行く
おバカのぴかちゃんの、小さな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

173
あたくし、実ヮ、哲学なんぞに興味がありますのよ。

でもって、哲学って何?と尋ねられると、答えに困るのであります。

興味があるだけで、上っ面を眺めて、

「なんか、カッコエエやン!」

と思っているそこらへんの高校生と変わらないのでありました。
(あたしが高校時代から頭の中が変わっていないというべきですね)

だから、サルトルとかベルグソンとか言われましても、

さっぱり何が書いてあるのか?、チンプンカンプンなのであります。

ただね・・・

いろいろな偉人賢人が、今もって答えを求めている命題に、

「私って、ダレ?」

というのが常に付きまとっておりますの。

それは、遠くソクラテスさん以来、何千年もかけても答えが出ていないのでありました。
(答えだと思われた次の瞬間、本当にそうなのか?と自問してしまう哲学者のサガがあるのでありますね((だから、哲学者は、ある意味おバカ))・・・=「無知の知」((私は知らないということを知っている!))・・・)

だから、「哲学って、何?」と尋ねられても、答えられないことに安心しております。

けれども、「私って、ダレ?」と、程度の差はあれ、あたしは求めていたりするのでありました。

何千年かけてわからんものに、今のあたしがわかるわけはないと思います。

それは承知をしております。

でも、それでも、あたしは知りたい!(←おバカの真骨頂)

あたしが何者で、あたしの前にいるあなたは、また何者であるのか?

・・・

光は見えるのです。

ただ、今はまだ、とても小さな光です。

それでも、あたしは望んでそこを目指します。




おバカのぴかちゃん、今日も行く。


PS

あたしは思うのです・・・

たとえば宗教を否定する中国ですが、教義のない哲学で「私って、ダレ?」と突き詰めている人はたくさんいると思うのです。

その人たちは、「私って、ダレ?」と考えているんだろう?

哲学は、その知によっても、平和をもたらすような気がしているのでありました。

あまねく穏やかでありますように・・・。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://obakanopikachan.blog81.fc2.com/tb.php/174-047ce586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。