おバカのぴかちゃん、今日も行く
おバカのぴかちゃんの、小さな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

168
春祭りを前に、桜の花は、祭り人を待たずに散っていきました。

想いはあっても、もっと大きなものに突き動かされて、潔く散りました。

祭り人は、その残り香に、桜の想いを知るのです。


「無防備に、思考停止している場合ではない!

止揚(アウフヘーベン)せよ!」


・・・

命を受け継いだ青々とした葉を背景に、ハラリと落ちる花びらが、私に叫んでいました。




おバカのぴかちゃん、今日も行く。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://obakanopikachan.blog81.fc2.com/tb.php/169-8011667d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。