おバカのぴかちゃん、今日も行く
おバカのぴかちゃんの、小さな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

145
ぴかちゃんのところへ、1枚の写真が送られてきました。

その写真の中で、ヤゴは水辺の草の茎にへばりつき、見事トンボになりました。



ヤゴになって、トンボになることを知っていたのかな?

でも、もっともっと不思議なことは、そんなことを知らずとも、変化するべき時のために、あるがままの姿で、あなたは次の準備をしていたのです。

ヤゴとして、怠らず、あせらず、ただ、淡々と穏やかに・・・


あなたの心には、きっと聞こえたのでしょうね。

「今、飛ぶのだッ!」・・・という声が。


今に至るあなたのすべてを知っているものは、あなただけに聞こえる声で、その時を教えてくれたのでしょう。

そして、それは、あなたへの賛美の声だと、ぴかちゃんは思うのでした。

ぴかちゃん、うれしくて、思わず写真のトンボに向かって拍手しました。




おバカのぴかちゃん、、今日もいく。

tonbo1-131.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://obakanopikachan.blog81.fc2.com/tb.php/146-f698881d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。