おバカのぴかちゃん、今日も行く
おバカのぴかちゃんの、小さな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

132
ぴかちゃん、ご縁あって、天河(てんかわ)というところへ行きました。


深い深い森の中を走っていくと、ご神木と書かれた太くて大きな木が立っていました。

おそるおそる、ぴかちゃん、ご神木に尋ねてみました。

「あの~、ご神木って、なんですか?」

「知らん」

「でも、ここに、ご神木って書いてありますよ」

「知らん」

「う~ん・・・でも、きっと他の木とは違うんですよねぇ?」

「知らん・・・ただ、一つだけ他の木とは違うことは知っている」

「それは、なんですか?」

「私以外の木は、みんな、私よりもあとから生まれてきた・・・それだけは知っている」



おバカのぴかちゃん、今日も行く。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://obakanopikachan.blog81.fc2.com/tb.php/133-bee191e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。