おバカのぴかちゃん、今日も行く
おバカのぴかちゃんの、小さな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

212 久しぶりに書いてみよう・・・
NHKのETVで、「トルストイの家出」というタイトルの番組を見た。

文豪トルストイは、82歳で家出をした。

巷間、3大悪妻といわれたのは、ソクラテスの妻、モーツァルトの妻、そして、トルストイの妻である。

が、それはやはり、せいぜい巷間の内にとどめるべきであろう。

真実はすでに遠いかなたであり、それがよしんば何がしかの理由を含んでいたにせよ、結局のところ当人以外、本当の姿を語るものはないのだから。
(そして何より、誰が何をもってして悪妻だと決めえるのかっ!)


その番組の中で、死の間際にトルストイは語る。

「神は全てだ。

人はその一部しか、認識していない。

神だけが、真実に存在するもので、人は、物理的、時間的、空間的にただひと時現れた存在に過ぎない。

・・・

人は、愛によって結びつく。

愛があればあるほど、神に近づき、そこに真実がある。

神への理解が人間の基礎であり、私たちの意識の中に、神は存在し、私たちを支配している。」



善悪、正誤、愛憎、全ての価値観において、「私」は意味を持たない。

唯一、絶対中立の「神」においてのみ、それは意味を持つ。

そのことを、今のあたしはようやく理解する。


神は「私」を捨てよと言う。

利他に生きよと言う。

それは、単なる言葉ではない。

私が何者であるか?

他者とは、何者か?

そして、それをも超越して全てを知る神とは、何者なのか?


あたしが目指す超人は、神となることでは断じてなく、ただ、その真理を知ったものとなりたいと願う。

祈りはただひとつ。

生きとし生けるものが、あまねく穏やかで幸せでありますように。

そして、願わくば、あたしの命が、何がしかの役に立ちますように。



おバカのぴかちゃん、今日も行く。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。