おバカのぴかちゃん、今日も行く
おバカのぴかちゃんの、小さな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

170
私がどこから来たのか?を、私は知りません。

でも、どこへ行くのか?は、おぼろに感じています。

その道の途中の今ここで、私はまた感じるのです。

それは、私を私たらしめるものの存在でありました。

頬をなでていく風・・・

楚々と咲く花・・・

そして、目の前の、あなた・・・

この私を紡ぐものたちに、せめてものお返しに、私は私の命を活かしきろうと思うのです。

「自灯明」

風よ 光れ!

花よ 輝け!

そして、あなたよ ほとばしれ!



おバカのぴかちゃん、今日も行く。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。